Linux 入門

ホーム > プログラミング > Android ADT をインストールした後のエラー解消

Android ADT をインストールした後のエラー解消

Android の開発環境を作成するのに最も簡単な方法は恐らく、Eclipse ADT をダウンロードしてインストールすることです。

ADT というのは Android Development Tools の略です。

Eclipse ADT というのは Eclipse と ADT がバンドルされているパッケージです。

しかしながら、現在 Ubuntu 14.04 上にダウンロードし、unzip して eclipse ディレクトリ内の eclipse を起動するとエラーが発生する場合があります。

まずは Java がインストールされていない場合は Eclipse 自体が起動しないのでインストールしてください。

» Open JDK のインストール

Eclipse が起動してから、"unexpected exception cannot run program adb" というエラーが発生した場合は、次のコマンドで必要なライブラリをインストールしてください。

sudo apt-get install lib32ncurses5 lib32stdc++6 zlib1g:i386 libc6-i386

中には既に最新であるものもありますが、これで修正されるはずです。

ホーム > プログラミング > Android ADT をインストールした後のエラー解消