Linux 入門

ホーム > 各種サーバーの設定 > LAMP 環境の設定

LAMP 環境の設定

スポンサーリンク

ここではいわゆる "LAMP" サーバーの構築を行います。

LAMP とは通常 Linux, Apache, MySQL, PHP を組み合わせたサーバー環境を指します。

それぞれの頭文字を組み合わせて LAMP (ランプ) というわけです。

ちなみに最後の P は PHP の他、Perl だったり、Python だったりします。私は主に開発でサーバー側のスクリプト言語として PHP と Python をメインで使っているので PHP と Python の設定も行います。

Tasksel で簡単インストール

Ubuntu の TaskselDebian/Ubuntu には Tasksel というツールがあります。Tasksel を利用することで、事前に定義された特定の目的のために、複数のパッケージをインストールすることが可能です。

Tasksel のタスクの中に LAMP Server というものが定義されているので、これを選択することで必要なパッケージがまとめてインストールされます。これによって Linux, Apache2, MySQL, PHP が構成されます。

Tasksel 自身をインストールするには、次のコマンドでインストールします。

$sudo apt-get install tasksel

Tasksel がインストールできたら、次のコマンドで LAMP サーバーのインストールを開始します。

$sudo tasksel install lamp-server

必要に応じてパッケージをダウンロードします。ダウンロードが完了したら MySQL の root パスワードを聞かれるので、パスワードを設定します。

処理が終わると、ブラウザから http://localhost/ を要求することで Apache の起動が確認できます。

その他、必要に応じていくつか設定します。私は Apache の UserDir モジュールと、スクリプト言語として Python を使うので次の設定を行います。

  1. UserDir を有効にする (Apache の設定)
  2. Python を有効化する
  3. Django をインストールする
スポンサーリンク
ホーム > 各種サーバーの設定 > LAMP 環境の設定