Linux 入門

ホーム > プログラミング > OpenJDK のインストールと設定

OpenJDK のインストールと設定

Linux 上での JDK - OpenJDK

JDK (Java Development Kit) は Java によるアプリケーション開発を行うために必要なソフトウェア開発キットです。 もちろん、Java で開発しない人はインストールする必要はありません。

Linux 用の JDK としては、OpenJDK をインストールします。 OpenJDK はオープンソース版の JDK です。

OpenJDK のインストール

  • Ubuntu Software Center からインストール
    OpenJDK で検索すれば出てきます。
  • コマンドからインストール
    $sudo apt-get install openjdk-6-jre
    $sudo apt-get install openjdk-6-jdk
    $sudo apt-get install openjdk-6-source
    
    ちなみにここでは、OpenJDK6 をインストールしていますが、利用する OpenJDK のバージョンにあわせて読み替えてください。

OpenJDK をインストールしたら、環境変数 JAVA_HOME を設定しておくとよいでしょう。

JAVA_HOME を /usr/lib/jvm/java-6-openjdk に設定します。

そのためのコマンドは次のとおり。

$ export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-openjdk
ホーム > プログラミング > OpenJDK のインストールと設定