Linux 入門

ホーム > Linux の各種設定 > 日本語の設定

日本語の設定

ここでは日本語の読み書きができるように設定します。

Ubuntu は国際化を前提に開発されているので、日本語入力も簡単にできるようになります。

次の手順で日本語入力の設定をします。
  1. System » Administration » Language Support を選択する
  2. Install/Remove Languages... » Japanese を選択する
  3. Keyboard input method system で ibus を選択する
  4. システムをリブート

日本語入力に切り替えるときは、 Ctrl + Space です。これで gedit などで日本語を試してみて、書ければ OK です。

Ubuntu で日本語入力
通常これで設定は完了するようですが、入力ができない場合はさらに次の場所を確認してください。
  1. System » Preferences » Keyboard Input Methods
  2. Input Method として Anthy が設定されていることを確認する
Ubuntu で日本語入力 - Anthy

Anthy はかな漢字変換ソフトウェア。ibus はパイプを使ってプログラムに文字を入力することを可能とするプログラムです。 この二つで日本語入力が実現される、という仕組みです。

尚、Ubuntu 14.04 では "Text Entry" の設定画面から Anthy を設定します。

Ubuntu Text Entry

またデフォルトが Ctrl+Space ではなく、Super+Space になっているので注意してください。Super は Windows 系のキーボードでは "Windows" キーです。


Oh, if you're looking for this kind of information, your system might not be ready to display Japanese characters. I'll put the same thing in English just in case:

  1. Go to System » Administration » Language Support
  2. Select Install/Remove Languages... » Japanese
  3. Select ibus as Keyboard input method system
  4. Reboot the system.

If you want to switch to Japanese, press Ctrl + Space. Basically these steps allow you to see Japanese.

ホーム > Linux の各種設定 > 日本語の設定