Linux 入門

ホーム > Linux ソフトウェア - ネットワーク系 > gFTP - セキュアなFTPクライアント

gFTP - セキュアなFTPクライアント

人気のある FTP クライアント。

プロトコルとして FTP の他、HTTP や SSH2 などもサポートしていて便利です。

ウィンドウの形式は、左側がローカルディレクトリを、右側がリモートディレクトリを表す、というオーソドックスなタイプ。

Windowsで WS-FTP や WinSCP などを利用していた人にはすぐに使い始められると思います。

gFTPの基本的な使用方法

gFTP

gFTPを起動すると上の画面が表示されます。

画面上部にホスト名、ポート番号、ユーザー名、パスワード、プロトコルを入力あるいは選択するフィールドがありますので、 それを入力して、左側のボタン (コンピュータのアイコン) をクリックすると接続を試みます。

gFTP

接続が成功すると、右側のウィンドウにリモートディレクトリのファイル一覧が表示されます。

ブックマーク機能

特に便利なのはブックマーク機能です。

ブックマークを登録すると、その時点のローカルパス、リモートパス、及びログイン情報(ホスト名、ユーザー名、パスワード、プロトコル)を記憶しておくことができます。

次回からはブックマークを選択することにより、ブックマークしていたサーバーへの接続、ローカル及びリモートパスを特定の場所にセットすること等をすべて自動化できます。

ホーム > Linux ソフトウェア - ネットワーク系 > gFTP - セキュアなFTPクライアント