Linux 入門

ホーム > Apache ウェブサーバーの設定 > UserDir を有効にする

UserDir を有効にする

各ユーザーのホームディレクトリに Web サイトの公開用の仮想ディレクトリを割り当てるためには、UserDir モジュールを利用します。

UserDir を有効化すると、~/public_html に対して http://hostname/~account_name/ でアクセスできるようになります。

UserDir モジュールの有効化

次のコマンドで、Apache2 の UserDir モジュールを有効化し、Apache2 を再起動します。

$ sudo a2enmod userdir
$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

続いて PHP を有効化するため、php5.conf を書き換えます。

$ sudo vi /etc/apache2/mods-enabled/php5.conf

として PHP の構成ファイルの編集を開始し、この中で <IfModule mod_userdir.c> ... </IfModule> の部分をコメントアウトします。

設定を書き換えたらまたリスタートしておきます。

$sudo /etc/init.d/apache2 restart

User 毎のディレクトリ作成

ディレクトリを作るだけなので、どうやって作ってもいいのですが・・・(苦笑)

とりあえず、ポイントとしてはディレクトリ名を public_html として、パーミッションは rx を与えることです。

$ mkdir ~/public_html
$ chmod o+rx ~/public_html
ホーム > Apache ウェブサーバーの設定 > UserDir を有効にする