Linux 入門

ホーム > Linux のインストール・設定 > man の基本的な使い方

man の基本的な使い方

man コマンドは、ユーザーマニュアル (manual) をフォーマットして表示するコマンドです。

例えば ifconfig コマンドの使い方をみたければ、次のようにします。

$ man ifconfig

これで ifconfig のマニュアルが表示されます。

Ubuntu のターミナルウィンドウ等、マウスの使える状況であれば、文字を最後まで読むのにスクロールが使える(ことが多い)ので、 コマンドを使わなくても特に問題ありませんが、マウスが使えない少なく無いので基本的にスクリーンはキーボードで操作します。

次のコマンドくらいを使えるようにしておくと便利です。

キー 操作
q 終了 (quit)
h man 内でのコマンドのヘルプ。ヘルプから抜けるのも q
j 1行進む
k 1行戻る
f 1画面進む (forward)
b 1画面戻る (backward)
/文字 文字 を検索
n 検索結果を次へ
N 検索結果を戻る
?文字 文字 を下から探す

以上で man の基本的なコマンドを紹介しました。困ったら h です。

ホーム > Linux のインストール・設定 > man の基本的な使い方